映像求人に応募する前に、気をつけておきたい事があります。

それは、自分のスキルの状態を把握しているかと言うことです。


映像関係の仕事は特殊なスキルを必要とする業務も多々有ります。

この為、今現在自分が持っているスキルがその業務内容に適しているか確認する必要が有ります。

今、話題の東京新聞関連情報を解説します。

具体的には、まず大きな部分としてカメラなどの撮影機器に関する知識を有しているかです。



映像を撮るには撮影機器が必要です。

その撮影機器を扱えなければ死語になりませんから、最低限のスキルとして撮影機器の基本的な動作が分かっている事が必須項目となります。

次に、映像求人に応募するのに必要なスキルとして、写真に関する知識です。

映像とは動画です。

動画とは静止画の連続ですので、当然静止画に関する知識が求められます。
露出やシーンに応じた設定など、基本的な知識はカメラで撮影する知識とほぼ同じですので、カメラの雑誌などを参考に知識を学んでおきましょう。


撮影した映像はそのままでは使用できませんので編集を行う必要があります。

そこで必要なスキルが、動画を編集するソフトを扱えるスキルです。

動画を編集するには専用のソフトが必要です。



そのソフトを使用して動画を切り貼りして色調を補正するなどして仕上げていきます。この為、編集ソフトを扱えるスキルに加えてパソコンを扱えるスキルが必須となります。


また、映像求人の業界は体力勝負な面もありますので、その点についても事前によく確認しましょう。