動画を目にしない日はありません。
昔はTVや映画のみが映像の独壇場でしたが、今や、パソコン、スマートフォン、電車の中の広告にいたるまで、あらゆる場所、あらゆる時間に動画が流れる時代になりました。
それもプロだけではなく、多くの動画投稿サイトでは、一般の方が映像編集を行い、公開しています。



なかなか景気の回復が実感できない世の中ではありますが、こういった映像編集の求人は、途切れることがありません。


それは、尽きることのないほどの需要があるからです。

以前は、映像編集といえば、もっぱら結婚式の紹介ビデオに関することでした。

産経ニュース情報が様々な条件で検索可能です。

確かに今でも、それを謳う求人はあります。しかし、動画によるPRが基本条件ともなった現在においては、映像編集の求人は、あらゆる分野に及んでいるのです。



商品をできるだけ綺麗に、豪華に、またはおいしく面白く見せたいといった要求は常に存在します。
不動産業ならば、物件の内部を動画で見せたいとも思うでしょう。
社員がいきいきと仕事している様子を記録する、といった要望も考えられますね。商品や商社だけではありません。
婚活に代表されるように、熾烈な結婚競争が行われている現在、自分を動画でアピールする、という試みも行われているのです。

もちろん、ゲーム内で使われる動画や、それをプレイしている人を撮影してもらいたいといったことも、まだまだ聞かれます。


このように、映像を制す者が、就職や転職を制すといっても、決して過言ではないのです。